2019年1月12日

始業式表彰・ダンス授業へのゲスト

Filed under: クラブ,世界,卒業生,授業・学習・進学 — 漆 @ 4:29 PM

三学期が始まりました。始業式で、チェンバーオーケストラ部 〈第25回全国高等学校選抜オーケストラフェスタ〉の表彰をしました。

また、オーストラリア姉妹校からやってきた留学生のジゼルさんのスピーチもありました。日本語、英語、中国語と三カ国語での挨拶に、生徒達も驚いた様子でした。

二学期に、知人の紹介で、CMなどでも活躍中のプロのダンサーのTENさんが、授業をしてくれました。TENさんはジャマイカ生まれのニューヨーク育ち。ダンスとカポエラというマーシャルアートをやっていて、若い人へダンスの歴史からしっかり伝えることが必要と考え、学校での授業を開発したいそうです。ダンス部と体育科に打診したところ、体育科がコラボを受けてくれて実現することになりました。

体育科主任の田中より以下報告です。

授業内容
対象学年 高等部5年 5クラス(高校2年生)
・講師紹介
・各自で5分間アップ(ストレッチなどで踊れる準備をする)
・ストリートダンス ロックダンスを授業終了時間まで踊る。
ロックダンス?音楽のロックのように激しいイメージではありません。
主に、鍵をかけるように体を静止させる(LOCK)、観衆を指さす(POINT)ような動きが使われます。
とにかく踊ってました。
ダンススタジオでレッスンを受けているようでした。
ダンス技量がクラスによって違うので、生徒の様子をみて振り付け内容は変えていました。
以下生徒の感想です。
・普段の授業よりレベルが高く難しいところはあったが楽しく踊ることができた。
 50分間通して踊っていたのが大変でした。
・講師のTENさんともう少し会話を楽しみながらダンスを楽しめたら、もっと楽しめたと思います。
・曲が音のみ(歌詞なし)だったので、音に合わせて短い時間で振り付けを覚えて踊るのが大変だった。
 日本の曲であったり、外国の歌詞入りの曲であれば、歌詞に合わせて踊ることができ、リズムがとりやすく振り付けも覚えやすい。
 明後日の成人式の日は、午前中は模試会場として説明会を実施。その後、品川区の成人式では、吹奏楽部がパフォーマンスをし、舞台上の花をフラワーアレンジメント部が設営します。そして、午後からは新成人の卒業生達が集まってきます。

 

次ページへ »