2014年6月28日

留学成果発表会

Filed under: SGH,SGH活動 — SGH @ 10:54 AM

(校長日記(2014年7月10日より引用して作成)

sgh11

6月28日午後、講堂にて留学成果発表会(注)が行われました。
昨年度、本校の留学プログラムでイギリス、ニュージーランドに留学をした生徒8名は英語で、イタリアから本校に留学していた生徒1名は日本語で、それぞれ留学中の体験や、留学を通して学んだことを発表しました。
当日はあいにくのお天気でしたが、多くの保護者の方々にお越しいただき、また今回から受験生とその保護者の方々にもご覧いただけるようになり、在校生や留学予定生徒も含め、たくさんの方々に発表をご覧いただきました。
イタリアからの留学生はつい先日、留学期間を終えて帰国したため、事前に撮影したビデオでの出演でしたが、その発表の中で、「日本に来たばかりのときは、ぜんぜん日本語がわからなくて、たいへんだったけど、クラスメイトが英語で教えてくれて、とてもうれしかった。」「また、必ず日本に来ます。日本が大好きです。」と力強く話していたのが印象的でした。
本校から留学をした生徒も、留学先での体験を英語でしっかりと発表していました。
語学としての英語が上達した、というのはもちろんですが、留学から帰国した生徒たちが共通して口にするのは、”confidence(自信)”という言葉です。
3ヶ月という留学期間の中で、生徒たちは日本では体験し得ないであろうさまざまなことを経験し、時には壁にぶつかりながらも、その都度、自分で考えて行動し、現地のコーディネーターの方やホストファミリー、友人に助けてもらいながら、一つ一つ乗り越えてきたのだと思います。
だからこそ、留学を終えた生徒は皆、confidenceを身につけて帰ってくるのでしょう。それを強く感じさせる発表でした。
この発表の内容や形式について、私たち教員は細かい指示は出していません。自分の経験してきた留学を、自分の言葉で語ることに意味があると考えるからです。「留学」と一言で言っても、それぞれに違った留学を体験し、学んできたことも千差万別。生徒たちが自分の言葉で語る、それが大事なのだと思います。
ある生徒が発表の中でこんなことを話していました。
「留学前の私は、
■Not confident of speaking(英語で話すことに自信が持てなかった)
■Not so interested in the world(世界のことにあまり興味がなかった)
留学後の私は
■Found talking in English is FUN!(英語で話すことが楽しいとわかった)
■Got a wide view(広い視野を持てるようになった)
■Got friends(友人を得た)
■Improved my English(英語が上達した)」
英語で堂々と発表する姿に、留学が与えてくれるものの大きさにあらためて気づかされた発表会でした。
留学には、英語力はもちろん、しっかりとした意思と覚悟と準備が必要ですが、一人でも多くの生徒にぜひ留学を経験してもらいたいと思います。

注)本校では、オーストラリア、ニュージーランド、イギリスにある姉妹校、提携校への夏出発と冬出発の3ヶ月、1年の留学をすることができます。留学をした生徒達は、帰国後に自分の留学体験等をプレゼン発表をする留学成果発表会を行っています。また、海外から本校に受け入れている留学生達もプレゼン発表を行います。

次ページへ »