出願状況

2019年1月19日(土) 16:00現在
第1回入試 算数1教科 第2回入試 第3回入試
試験日 2/1(金) 2/1(金)午後 2/2(土) 2/4(月)
出願締切 1/31(木) 16:00 2/4(月) 8:00
定員 90人 20人 60人 30人
出願者数 142人 139人 206人 116人
昨年同日比 受付前(昨年は1月20日より受付)
入試説明会で
発表した
合格予定数
90~110人 100~150人 90~110人 30人~

受験生の皆さんへ

いよいよ入学試験本番です。
積み重ねてきた努力を発揮できるよう、最後まで希望を持って取り組んでください。 私達も皆さんの力が十分に発揮できるよう準備をして、お待ちしています。

試験にむけてのアドバイスと注意事項をお伝えしますので、参考にして下さい。

◆試験当日は余裕を持って家を出ましょう。開門は7時30分です。学校に早く着いた場合は、校内に待機場所を用意しておきますのでそちらを利用して下さい。(電車の遅延などで遅刻してしまいそうな場合はご連絡ください)

◆各回とも来校した順で試験室に入り、試験終了後もその順で帰ります。

◆体調不良や忘れ物など困ったことがあれば、遠慮なく申し出てください。できる限りの対応をいたしますので、あわてずに来校してください。

◆試験当日をベストコンディションで迎えられるよう、睡眠を十分にとり、手洗いやうがいなど、風邪やインフルエンザへの対策をしっかりとしてください。

皆さんとお会いできることを教職員・在校生一同、楽しみにしています。

2月1・2日午前 4科入試

【国語】漢字の書き、語句の知識問題、説明文、物語文の4題です。 本文や設問をよく読み、記述問題では誤字脱字や文末処理での減点がないように気をつけましょう。記述は部分点があります。

【算数】途中式も書いて解答する大問4~6では部分点があります。難しい問題でもあきらめず、答えにたどり着く手順を示してください。

【社会】地名や国土の特徴、歴史的な出来事や人名、政治の進め方など、基本的な事柄の確認をしておきましょう。漢字で答えるように指定された問題もありますので、問題文をよく読みましょう。

【理科】初めてと感じるテーマや図や表が出題されても、じっくりと問題文を読んでください。文章中にもヒントがあったり今までに学習して知っている知識とつながったりするはずです。

2月1日午後 算数1教科

【算数】60分100点満点/回答数25(1つ3点、4点、5点)
算数1教科の入試だからと難易度の高い問題ばかりを出題するわけではなく、本校4科入試の算数と同じレベルで作問しています。
答えのみを書きますので部分点はありません。計算は余白や表紙や解答用紙の裏など、解答欄以外のどこを使ってもかまいません。
昨年度はすべて4点の問題で、難易度が異なる問題がばらばらに並んでいましたが、今年度は解答用紙3枚で、1枚目3点、2枚目4点、3枚目5点となります。問題数は25問程度で変わりません。

・Aグループ(15:00集合)・Bグループ(16:00集合)とも同じ問題です。グループの変更は連絡不要で可能です。各集合時間までにお越しください。機密保持のためBグループの方は16:20の試験開始後は入室できませんので、お気を付けください。
・午前午後と本校を受験する方が午前の試験後に親子で合流する場所は、保護者控え室(体育館)です。午後の試験開始までは外出しても校内にいてもかまいません。校内にいる方は食事や待機する場所としてカフェテリアを開放します(親子で使用可,営業はしておりません)。また、受験生が勉強できる自習室(12:30~13:50。保護者の方は入れません)も用意しますので、必要に応じてご利用ください。

2月4日 表現力総合型

【試験 I 】:試験時間70分(120点)

問題構成は、[1]小問が4問、[2]算数の記述問題、 [3] [4]理科・社会がメインとなった総合問題です。総合問題は関連する知識がなくても、問題文で与えられた条件をその場で理解して考えることができれば解ける問題もありますし、正解が一つではなく自分なりの考えを表現する問題もありますので、粘り強く取り組んでください。今回から算数の大問が一題減りますが、その分は[3][4]に振り分けられましたので、分量としては同じ程度です。

【試験 II 】:試験時間50分(40点)
国語の問題が1題。読解力と記述・論述力を見ます。300字程度の論述では、自分の考えが的確に説明ができるか、構成や表現力も見ます。過去問題で練習することをお勧めします。